W+K,180だけじゃない!? アムステルダムのクリエイティブシーンを支えるプレイヤーたち

少し独断で書きますが、というか、そもそもこのコラムは独断、まさに独断場です。といういうのは、さておき、今ヨーロッパで、いや世界でもっともクリエイティブが熱い都市と言っても良いのがアムステルダムです。

これ、何も昨今始まったわけではなく、歴史を振り返れば、17世紀からアムステルダムには、世界の知が集積し、文化と教養と科学の街であった、とアムステルダム市発行の「AMS」という冊子に書かれていました。

これも発行元がアムステムルダム市、ということで独断、というか多少盛っているかもしれません…。

pexels-photo-509799

有名プロダクション、クリエイティブ・エージェンシーが乱立

アムステルダムといえば、おそらく、みなさんもご存知、言わずとしれたW+K。1992年にアムステルダムオフィスを開設し、そこからアムステルダムの、というか世界の広告クリエイティブを引っ張っています。アメリカのプロダクションとしてはもっとも早くアムステルダムにオフィスを開設したのではないでしょうか。ナイキが代表的なクライアントです。

一方、かつてはアディダスを担当していた180は、1998年にアムステルダムに独立系のクリエイティブエージェンシーとして設立。(その後、2006年にオムニコムグループにより買収)現在は、アシックスやアムステルビール、ユニセフ、プレイステーションなど、日本にも馴染みのあるクライアントを担当しているようです。

ちなみに、アムステルダムには、こうした広告界の有名どころのクリエイティブエージェンシーだけでなく、当然、多くのクライアントのヨーロッパ拠点もアムステルダムにあります。テスラ、グーグル、ウーバーといったシリコンバレー系もあれば、ハイネケン、フィリップス、ブッキングドットコムなどのオランダ発のグローバル企業も歩いて行ける距離に点在しています。

一方、今やクリエイティブというのは、当然、広告クリエティブ系ばかりではありません。デザイン系で言えば、droogTOTAL IDENTITY、建築系で言えば、OMAMVRDVnl architerctsなどキリがありません。さらに、デザインコンサルティングファームだとSTBY.Waag soceity 、デザインリサーチラボとして、我らがMediaLAB Amsterdam、ファブラボも多くありますし、アムステルダム・クリエイティブ・インダストリー・ネットワークがあったり、Spaces.We WorkSeets2Meetといったシェアオフィスは、今やそのコミュニティーとネットワークをもつ、クリエイティブプラットフォームになりつつあります。そして、何を隠そう、アムステルダム市役所もスタートアップ支援やら、イノベーションやらを強力に牽引しており、アムステルダム市は2016/2017に、ヨーロッパのイノベーションキャピタルになっているのです。

でも、こうやって並べて見ると、どこも全てちょっと癖があるようなところばかりですが。

smile-color-laugh-black-157907

I amsterdamもそもそもはアムステルダム市のキャンペーンだった

みなさんがアムステルダムにいらした際には、スキポール空港正面にある「I amsterdam」のサインを見たことがある人も多いのではないでしょうか。こちらのサインは、市内の国立美術館の近くでも見ることができるのですが、これは世界でもっとも成功した都市ブランディングとして、今やアムステルダムの象徴にもなっています。

2003年にスタートしたキャンペーンでしたが、「市民を真ん中に」「訪れる人全てがアムステルダムを表現する」という徹底的に「人」をフィーチャーし、今やすっかりアムステルダムの文化として定着しています。文字通り、市民をフィーチャーした都市のブランディングの走りだったのかもしれません。

そして、これを提案したのが、1998年設立のケッセルスクラマー。こちらは、本を出版したり、ゲリラ的なアートの展示をしたり、単純にクリエイティブ・エージェンシーとは呼べない広い範囲の仕事をしており、コミュニケーション・エージェンシーと自分たちのことは表現しています。

こちらもアートやイラスト表現に長けていたり、人を食ったような表現手法を得意としている感じが、クリエイティブの本質、というかオランダらしいというか…。もちろん、「I amsterdam」を始めとして、ちゃんとした仕事も多いのですが、オフィスも元教会だったりしてます。ちなみに、「I amsterdam」に関しては、コンペ時に商標登録まで事前にしていたそうです。

 

ということで、アムステルダムのクリエイティブシーンをご紹介しました。ニューロマジックとしては、すでに、ここに挙げたようなアムステルダムのクリエイティブシーンにどっぷりと浸かっているつもりですので、ご用命お待ちしておりますw

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out /  Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out /  Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out /  Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out /  Change )

w

Connecting to %s